元通りにできるのか?

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 03:01

ここまで分解された状態で撮影された写真はネットで検索しても出てこない思うのでまずプレビュー(記事を確認)はこれから。

ESL63分解

ユニットが黒いQUAD(クオード)のESL63初期のモデルです。ネジ類とグリルネット、グリルは写ってませんが本体をバラバラにするとこんな感じです。この状態で5年間箱に入っていました。

 

ESL63は言わずと知れたコンデンサー型スピーカーで、特徴的なスタイルや音色で虜にされた方も少なからず存在します。このスピーカーの難点といえば、やはり壊れることでしょうか。この個体も一番下のユニットの振動膜の一部が破損していて、バツン、バツンと盛大なノイズを発していた壊れた個体を6万ほどで購入しました。コンデンサ型スピーカーの音を聞きたくても現行品はセットでほぼ200万円の価格。独身の頃でしたらいざ知らず、現在の家庭環境を考えるとさすがに購入は無理です。壊れたものを自分で購入すれば安上がりとの他の人のブログが目に留まり、自分で修理を試みましたが作業場所と修理をする時間がなくて今まで手が付けられませんでした。こちらの修理レポートもブログに投稿していきたいと思います。(尚、こちらはかなりの長期レポートになりそうです。理由は後日お伝え致します。)

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM